スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病名は・・・!


季節はもう春?っていうくらい暖かく、そして今日はバレンタインデイということで
チョッと浮かれている世間・・・。 
なのに、わが家のブログは滞りがち・・・・・^_^;  それには訳が・・・・^_^;

最近ランの足の具合が良くなくて散歩に出かけても、何もない所でつまずいたり、
立ち止まる回数も増えたり、犬小屋に帰ってくるとぐったり疲れた様子で
横になって・・・・というような毎日。股関節が痛いのか、10㎝位の高さが限度で
それ以上高い所からは絶対に飛び降りようとはしない。
これまでの診察(近くの病院と親元さん)は触診と視診だけで「○○だろう!?」、「○○かもしれない!?」と診断されてきたランの病名。治療法も明確さに欠け、何かスッキリ、ハッキリしたものではなかったので、今回思い切って別の病院に連れて行くことにした。 
いわゆる「セカンド・オピニオン」。

初診だったので1時間以上待ちましたが、飼い主からの細かい聞き取り、
レントゲン撮影・・・大きな病院なのにとても親切丁寧な診察だった。
パソコンの画面でレントゲン写真を見せられ・・・・・・・・!
素人の私たちにもすぐに異常!だと判断できるくらいヒドイ!
ランの場合、大腿骨頭が納まるべき骨盤の股関節部分が皿状
(普通はカップ状)になっているので、大腿骨がグラグラした状態。

レントゲン写真




こちらは正常な股関節のレントゲン。

正常な股関節




先生の診断は
「先天性股関節形成不全!それもかなり重度です」


「すでに炎症も出ているのでなるべく早く処置をした方が良いと
思います。飼い主さんとしての治療法の選択肢は2つあって、
1つは痛くなったら薬で抑える方法・・・・でもこれは根本的な解決にならないので
結局、骨が変形していって筋肉も痩せていき、最悪の場合は歩けなくなって
しまうこともあります。もう1つは大腿骨頭切除術という手術です、痛みが
無くなるのでリハビリによって股関節をカバーする筋肉を付けていくことが
できます。どちらでも選べますよ」ということでした。 
心の準備をしていたけれど、ここまで重症とは思っていなかったので
かなりショック!を受けてしまいました(T_T)でも・・・・
ランのためを思うとやっぱり手術しかないですね。来週、外科専門医からの
手術の詳しい説明や日程を相談する予定です。

ランは先天性股関節形成不全の他にも、睾丸!に異常がある。
もともと小さかったけど、最近は獣医さんが「去勢してあるんですね^^」
と間違えるほど小さくなり過ぎてしまっていた!
これも獣医さんの診断によると「将来的に考えると、こういう異常な睾丸は
特に腫瘍などが出来やすいので去勢をした方が良いです」ということだった!



「頑張れ、ラン!」



スポンサーサイト
カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
プロフィール

すずぴん

Author:すずぴん
四国犬と共に身近な四季を
気ままに撮っています。

いくつになったの
最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。